柔軟性チェック☑

こんにちは!ストレッチヒーローです!

柔軟性があるのか、ないのかなんて自分では分からないですよね。そこで、お家でもできる柔軟性チェック方法を紹介します❕皆さんも一緒にやってみて下さい。

①足首のチェック…足首は運動をする機会が多い人は特に、運動は特にしないという人でもケガをしやすい部分なので柔軟性はとても大切

・最初に、両脚をくっつけて身体の後ろで両手を組みます。

・そのまましゃがんでみましょう。下までちゃんとしゃがめたらOK〇

・この時にバランスを崩して倒れてしまった人、しゃがめない人は注意です⚠

②大殿筋(お尻)のチェック…お尻は気にされてない人が多いですが、肩と同じくらい凝りやすい筋肉です。

・あぐらをかくように座り、前のふくらはぎを下から両手で抱え込み胸に引き寄せます。

・ふくらはぎを引き寄せづらく、床と平行にならない人は注意です⚠

 ③肩周りのチェック…腕や肩甲骨周りの筋肉の硬さは肩こりを引き起こす原因にもなります。

・次のチェックは立った状態で行います。片手は肩から背中へ、もう片方の手は下から背中へ回します。

・この時に、両手の指を握ることができればOKです。この動きは良く見たことあると思いますが、結帯動作といいます。

・両手を握れるのがベストですが、最低でも離れている指の距離が10㎝だとまだーフです。家族の方にでも見てもらってチェックしてみて下さい。

写真は全て良い例ですので、写真のようになればOKです😉

➡今回は、特に柔軟性があったほうが良い部分について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか(^^)/見た感じはできそうでも、実際やってみるとできなかったこともあると思います!

できたけどぎこちなさがあった・他の部分が硬い気がすると思う人、自分の身体を知るためにも1度ストレッチ受けに来てみて下さい。

できなかった人ももちろん大歓迎です🌻

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP